家庭用浄水器の整備や清掃を行う際の心得について

浄水器は機器の内部に水を通して汚れや悪臭を取り除き、口当たりが良く飲みやすい水を得るための設備です。

家庭用の機器は水道水のカルキ臭を除去する目的で使用されることが多く、設置や取扱いが容易なので広く普及しています。


また、機器の内部にあるフィルターは脱臭作用を持っていることから、水質が悪い飲料水でも臭みを消して飲みやすくすることが可能です。浄水器は取り扱いが容易な一方で、長く使い続けると内部に水垢や汚れがこびり付いて濾過機能が低下してしまうことがあります。



特にフィルターの脱臭作用は使い続けるごとに効果が低くなるので、定期的に交換する必要があります。


浄水器の内部に汚れが詰まったまま放置するとカビや悪臭が発生してしまうこともあります。


良質な飲料水を得るためにはこまめに機器の内部の点検を行い、汚れが確認できたら掃除を行う事が大切です。
浄水器の内部構造によっては蓄積した汚れを取り除くことが難しいので、洗剤を使用することがあります。

洗剤は香料で臭いが添加されている物が多いので、使用後は臭いが残らないように入念にすすぎを行う必要があります。特に水道水を通す配管の内部は異物が引っ掛かりやすいので、高い水圧で外に押し流すように洗浄するように心がけます。



浄水器を長く使い続けるためには機器の性能を良好に保つことが大切です。



そのため、正しい手順で整備や清掃を行って清潔な状態を維持するように心がけることが美味しい水を楽しむための心得になります。

top