日本語教育能力検定の資格

日本語教育能力検定とは、公益財団法人の日本語教育学会が認可している資格試験です。
日本語教育能力検定は日本語を教える教員を目指す人が、日本語を母国語としない人に日本を教える能力が学会が決めた基準に達しているかをみる資格試験するとなっています。


日本語教師になるということは、国家資格の教員免許が存在していません。

よって日本語教育学会が、日本語教師を採用する際の能力判断における基準のひとつとなる日本語教育能力の資格を、検定試験の合格者に与えています。ですが採用の基準については学校によって違うので、日本語教師として就職する際には学校に事前に問い合わせをすることが必要です。


日本語教育能力検定は、年に1回で毎年10月に試験が実施されています。

最近何かと話題の日本語教育能力の検定の最新情報が知りたい方にはこちらです。

試験会場は、札幌と仙台と東京と名古屋と大阪と広島と福岡になっています。

日本語教育能力の試験は年齢や学歴に制限はなく、外国人でも障害のある人でも受験することが可能です。


近年、日本語を学ぶ外国人の数は年々急上昇しています。
日本語を教えることのできる教師は、これからも多数必要となってきます。



その点において、この資格試験は大変将来性のあるものとなるでしょう。

日本語は世界の言語においても、取得するのが難しいとされる言語です。日本語を普段の言葉として話すことと、人に教えるとこということは全く違う能力です。



このような検定があると、自分の日本語を伝える能力を大きくスキルアップさせることができます。