日本語講師の資格を東京で取る方法について

日本語講師になるには国家資格や公的資格は必要ありませんが、いずれかの要件を満たす必要があります。


1つ目は日本語教育能力検定試験に合格することです。


試験は年に1度あり、独学で受けることが出来ます。

今までに培ったノウハウを活かし、東京の日本語講師について詳しく説明しています。

検定試験対策の通信講座なども多数出ています。
通信講座を受講する場合は資料請求をしてそれぞれを比較することが大切です。

2つ目は日本語教師養成講座420時間コースの修了者です。


講座は文化庁届出受理校で受講し、4年制大学卒業資格を保持している必要があります。東京にも学校があるので、通学しやすい所を選ぶのがオススメです。
日本語講師としての実際の教え方を習うことが出来るので、知識だけでなく実践力が身につきます。3つ目は大学か大学院で日本語教育を主専攻か副専攻して卒業することです。

費用と時間はかかりますが、日本語に関してだけでなく幅広い知識を身に付けることが出来ます。
日本語教育を学ぶことが出来る大学や大学院は東京や地方にたくさんあります。



3つの要件はそれぞれかかる時間や費用が変わってきます。
一番時間や費用がかからないのは、日本語教育能力検定試験に合格することです。通信講座を受講するなら、最短6ヶ月で終了することが出来ます。通信講座は自宅で勉強することが出来るので、通学する必要がなく忙しい方には魅力的です。
それぞれのかかる時間や費用を比較して、どんな日本語講師になりたいのか、どういう所に就職したいのかなど将来のことを考えて方法を選ぶことが大切です。



東京の学校に通学することを選んだとしても、学校によってもそれぞれ違うのでしっかり比較をしましょう。

日本語教育能力の検定のわかりやすい情報

日本語教育能力検定とは、公益財団法人の日本語教育学会が認可している資格試験です。日本語教育能力検定は日本語を教える教員を目指す人が、日本語を母国語としない人に日本を教える能力が学会が決めた基準に達しているかをみる資格試験するとなっています。...

more

日本語教育能力の検定の知りたい情報

日本語教育能力は検定試験という形で提供されるもので、1986年から認定を開始しています。種類としては民間資格ですが、幅広く認知が広がっていて実績や価値が評価されます。...

more

日本語教育能力の検定の特徴紹介

日本語教育能力検定の資格は、日本語を教える仕事に就きたい人に最適です。日本語を話すことができたり理解することができれば、教育することは簡単と思ってしまいますがそう単純なことではありません。...

more

日本語教育能力の検定が気になる方

資格を取得しておくと、仕事探しに役立ちます。一定以上のスキルを備えた人材であることをアピールできるため、他の応募者よりも採用されやすくなるからです。...

more